記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つのキャンプ場をハシゴ

古賀志山から場所を出会いの森に移して、この三連休メインのキャンプスタート
3年前の同時期に、フリーサイト貸切状態でみんなで遊んだ記憶があったのだけれど
先週末のつくばねに続き、大盛況で初めて見る幕もあったりして楽しい♪
やっぱりキャンプ流行ってるんだなぁ



ご一緒いただいたのは

ちぇりおファミリー
その友達のMummy-IZU君

ちぇりちゃんとは正月以来ほぼ1年ぶり!!




お宿はオルティックのアプローチとジェットストリーム
今回アプローチに連結する前室的な幕を初張する予定でしたが、まさかのトラブルで張れませんでした(+o+)
急遽、予備幕のジェットストリームを張ることに
持ってきておいてよかったぁ♪




日本昔話的な大盛りな米の写真だけ(しかない)で、この一晩を語るのには無理がありますが。。。
いつも通りの安定感ある馬鹿話と食い倒れメニューで盛り上がりました
Mummy-IZU君の声にはマジ惚れましたよ
宴を永遠と続けたいところですが、混みっ混みなので22時頃就寝




翌朝6時、空砲と近所のお囃子練習で起こしていただき(笑)
モチ食って、11時撤収 予定のあるちぇりおさん達とはここでお別れ お世話になりました!




その後は、そーしんさんのブログで気になっていた根古屋森林公園キャンプ場へ
こちらは荷物は1輪車にて運搬

出会いの森での盛況ぶりから想像するに、こちらもそれなりに人いるのかな?と思っていたら
常連さんとウチで2張だけ





1輪車運搬なので荷物を減らすべく、トンガリのみ設営してインナーもなし
タイベック敷いてマット&寝袋、寝返りをうつともれなく土の上というワイルドな仕様を試みる




「丸太遊具があるみたいだから、遊んで良い?」
「ちょっと遠そうだから一緒に来て」と1,2さんが口々に言うのでついていくと
確かにそこには看板はあるけど、肝心の遊具がない




「きっと、この上だよ」って上へ上へと子供らに連れられて20分たってバテた頃に...要谷山頂へ




古賀志山より急な感じがしたけど(-_-;)




山頂からの眺望は多高山方面のみ
他に登ってくる人もなく、我が家だけで夕日の射す山頂を独り占め 静かで心地良いひととき
道もよくわかっていないのでピストンでテントまで戻ります




丸太遊具はどこにあったかって?
管理人さんに確認したら、腐って直そうとしたんだけど修理代が高いんで取り壊し、
新しく根古屋亭(そば屋)前にプラ遊具を設け、丸太遊具跡地に看板だけ残ったってことでした

看板の後ろに基礎だけ残っていたので、うすうすは気づいてたんだけどね(笑)




翌朝6時、今度は近所のゴルフ場の火災報知器で飛び起きる(笑)
おかげで9時定刻撤収できました!!


高規格で快適な出会いの森、郷愁を覚える自然に満ちた根古屋
二つの対極にあるようなキャンプ場をハシゴした2日間
なんだかタイムスリップしたような不思議な感覚
あれ、この感じ前にも...感じたことのある!?と思ったら筑波山の表と裏か。。。







要谷山城跡は飛駒町に残る標高約400mの山城です。山頂付近は東西約16m、南北約17mの規模で主郭を設け、主郭の周囲には曲輪が配置されています。また、現在も主郭の周囲で石垣が認められます。当城は、天文元年(1532)の頃、佐野越後守義照が居城したともみられます。その後、足利長尾氏方の小曽根筑前守によって落城したといわれています。

そして、要谷山の北西山麓の館跡が根古屋館跡で、東西約43m、南北約37mの規模で曲輪があります。当館は要谷山城が落城した後に焼失したといわれています。この山頂付近の主郭と山麓の館跡が一体となって残っていることは他にあまり例がなく貴重な城跡です。

佐野市HPより

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

U-don

Author:U-don
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。